【車エンブレム一覧】日本車&外車のエンブレム・ロゴ完全まとめ

CR編集部

CarRealize編集部がこの記事を監修しています

今現在、多くの人々が自動車を使っています。みなさんさまざまな自動車メーカーの車を使っていますが、その車のエンブレムに注意したことはあるでしょうか。今回は国内の自動車メーカーと、いわゆる外車の自動車メーカーそれぞれのエンブレムについてまとめてご紹介したいと思います。

自動車メーカーのエンブレムについて調べてみよう!

今現在、多くの人々が自動車を使っています。みなさんさまざまな自動車メーカーの車を使っていますが、その車のエンブレムに注意したことはあるでしょうか。今回は国内の自動車メーカーと、外国車の自動車メーカーそれぞれのエンブレムについて、まとめてご紹介したいと思います。

国産自動車メーカーのエンブレムの由来(トヨタ)

世界中で大きな人気を誇っているトヨタの車。トヨタのあの象徴的なエンブレムは、1989年10月、会社創立50年を記念して作られました。このマークを作るのに5年ほどかかったそうで、特に重視されたポイントは、遠くから見ても「トヨタのクルマ」だとわかること、そして他メーカーのクルマと並んだときにいっそう輝いて見えるような強い個性があること、であったそうです。

このトヨタマークは、3つの楕円が左右対称に組み合わさっていることが分かりますが、この楕円が持つふたつの中心点は、ひとつがクルマのユーザー、つまりお客様の心を、そしてもうひとつがクルマのメーカー、つまりトヨタの心を示しているそうです。そして楕円の輪郭が、ふたつの心をつなぐ世界を表現しているそうです。(参考記事 トヨタマーク マークに秘められた思い

国産自動車メーカーのエンブレムの由来(ホンダ)

スポーツカーなどで評価の高い自動車メーカー、ホンダ。もともとはバイクを作る会社だったそうです。

ホンダのエンブレムは実は乗用車用とオートバイ・スクーター用の二種類が存在していて、乗用車用は「H」マークを車のハンドルのようにあしらったデザインをそれぞれ専用のロゴとして採用していますが、オートバイ・スクーター用は翼の羽根をイメージしたものを専用のロゴとして採用しています。 これは、それぞれの開発分野の独自性を示す意味を持っているそうです。(参考文献 エンブレムの由来

国産自動車メーカーのエンブレムの由来(日産)

https://twitter.com/pikata025/status/831978834303913984

日産自動車のロゴはもともとダットサンで使われていたもので、吉崎良造と田中常三郎がシボレーのマークにヒントを得て、 赤の日の丸と太陽をベースに天空をモチーフとしたコバルトブルーをいれ、真ん中に白で横一文字で「DATSUN」と書かれていたのが前身であると言われています。その後、文字を筆記体のカタカナで「ニッサン」と書き直し日産コンツェルン全体の社紋として統括企業に普及しますが、 戦後の財閥解体とともに日産自動車のみの社紋としてローマ字表記の「NISSAN」に変更となりました。創業50周年を迎えた1983年には、アメリカのペンタグラム社が制作したロゴ及び指定フォント(書体)に一新され、2001年には、1999年以降のルノー傘下になってからのゴーン体制下でデザインが社内コンペで募集されより立体的なものとなったロゴ及び書体に一新され、2001年にフルモデルチェンジしたシーマ、 プリメーラから採用されて現在に至ります。            (参考文献 エンブレムの由来

国産自動車メーカーのエンブレムの由来(三菱)

三菱自動車のエンブレムは三菱グループ全体が使っている三角菱ですが、今回はこの三角菱の由来をご紹介したいと思います。三菱のエンブレムは、幕末から明治にさかのぼるという伝統のマークであると言われています。菱形が3つ合わさっているこのエンブレムは、明治3年(1870年)に作られた九十九商会という海運会社が使っていた、船に掲げる旗にルーツがあると言われています。この九十九商会というのは、かの海援隊からの流れも汲むともいわれる海運会社であり、代表は三菱グループ(旧財閥)の創始者であり、明治初期における日本経済や流通、商業発展の礎を築いた岩崎彌太郎です。さらに、3つの菱形の由来は、岩崎彌太郎の岩崎家の家紋が三階菱と、出身である土佐藩を治めた山内家の家紋である三ツ柏に由来するとも言われています。
(参考資料【意外と知らない】三菱自動車の「三菱」エンブレムの由来とは?

国産自動車メーカーのエンブレムの由来(スバル)

日本ではあまり乗っている人が少ない印象のあるスバルですが、外国では高級車として認知されており、ポルシェやフェラーリに匹敵する評価を受けているそうです。

スバルの「六連星マーク」は、富士重工業が旧・中島飛行機系5社を吸収合併するという形で誕生したことから、この「6社を統合する」という意思が込められました、と言われています。
(参考文献 各自動車メーカーのエンブレムの意味を徹底解説

 

外国自動車メーカーのエンブレムの由来(BMW)

外車の中でも大きな人気を誇るBMWですが、このエンブレムの由来はなんなのでしょうか?「飛行機のプロペラ」がエンブレムの由来である、という説が一番よく言われているようですが、実際はBMWの前身であるRapp Motoren Werkeのエンブレムとバイエルン州の州旗を組み合わせたものである、という説も存在するようです。

外国自動車メーカーのエンブレムの由来(ベンツ)

言わずと知れた有名外車、ベンツ。この非常に象徴的なエンブレムの由来はなんなのでしょうか。

メルセデス・ベンツの車体に輝くエンブレムは、合併前のダイムラー社が使用していたスリーポインテッド・スターとベンツ社の円形月桂冠とを併せデザインされたもので、3点にはそれぞれ「陸・海・空」の各分野でダイムラーベンツ社の繁栄が込められているそうです。

(参考記事 ベンツのロゴの由来

外国自動車メーカーのエンブレムの由来(フェラーリ)

英国のブランド価値調査機関が選んだ2013年の「世界で最もパワーのあるブランド」にも選ばれるなど、超高級車として名高いフェラーリですが、あの有名な「跳ね馬」のエンブレムの由来を紹介したいと思います。

フェラーリの有名なエンブレム「キャバリアーノ・ランパンテ」(跳ね馬という意味)。この有名なエンブレムの逸話として、元々この跳ね馬は第1次世界大戦のイタリア空軍のエース(撃墜王)、フランチェスコ・パラッカ大尉の率いる部隊の紋章として機体につけていたそうですが、戦後にフェラーリ総帥、エンッオ・フェラーリがパラッカ大尉の母親からマークを譲り受けたと言われています。フェラーリの「暴れ馬」とポルシェのエンブレムに描かれえている「暴れ馬」は同じデザインをモチーフとしていることで有名です。
(参考文献 ロゴマークから見える自動車メーカーのアイデンティティと歴史とは

外国自動車メーカーのエンブレムの由来(アウディ)

上品なイメージのあるアウディ。こちらも高級外車として有名です。

この4つのリングのシンボルマークは「フォーリングス」と呼ばれており、アウディの歴史と密接に関わっています。現在のアウディの「フォーリングス」は、ドイツの4つの自動車メーカーが連合して始まったことからきています。1932年、Audi、Horch(ホルヒ)、DKW(デーカーヴェー)、Wanderer(ヴァンダラー)という4社が「Auto Union AG」(アウトウニオン)という自動車メーカーを結成しました。4社を象徴する「4つのリング」がそのブランドロゴとして採用されたのが「フォーリングス」の始まりであると言われています。
(参考文献 アウディのロゴに描かれた一つひとつのリングの意味を知っていますか? -広報さんに聞いてみた

外国自動車メーカーのエンブレムの由来(アルファロメオ)

アルファロメオ(Alfa Romeo )は、イタリアの高級自動車メーカーであり、現在はブランドイメージのスポーツ性を前面に出した車の開発、生産を行なっています。

https://twitter.com/y_mwy9/status/826003115111362561

現在のアルファロメオのエンブレムは2015年からのものですが、正確に現在のデザインとなったのは1972年からであると言われています。また、原案は1910年には決まっていたようです。アルファロメオのエンブレムは、アルファロメの本拠地であるミラノ市の紋章の紅い十字と、ミラノを支配したミラノ公のヴィスコンティ家の王冠を被った大蛇(竜)の紋章でを組み合わせたものであるそうです。諸説存在し、普通は大蛇と言われていますが、実際には竜だとする説もあり、一番よく言われているのは異教徒であるイスラム系のサラセン人を飲み込んでいる図とされています。このほかにも、森の中で竜に呑まれかけた少年をヴィスコンティ家の祖先が助けたからだという説もあるそうです。
(参考文献 アルファロメオが新ロゴを発表

外国自動車メーカーのエンブレムの由来(ランボルギーニ)

高級スーパーカーメーカーとして、世界中にその名をとどろかせているランボルギーニ。現在ではフォルクスワーゲングループとして活躍中です。

ランボルギーニの非常に有名な「猛牛」のエンブレムですが、これは「フェラーリへの反発」が由来ではないかと言われています。実は創業者のフェルッチオ氏の当時の愛車はフェラーリでした。愛用していたフェラーリが何度もクラッチ故障を起こすので、修理のためにフェラーリ社に部品を請求したところ、なんとランボルギーニ社のトラクターに使用しているパーツが送られてたそうです!しかもそのお値段は通常の10倍もしたそうです。 クレームをつけようとフェラーリ社に問い合わせたところ全く相手にされず、フェルッチオ氏は激怒し、「いつかフェラーリよりも優れた高級車を作ってやる」と心に決め、フェラーリの跳ね馬エンブレムに対抗して「猛牛」をエンブレムにしたと言われています。しかし一方、このエピソードは誤りで、フェルッチオ氏が牡牛座だったからという説もあると言われています。
(参考文献 ランボルギーニ誕生秘話

外国自動車メーカーのエンブレムの由来(マセラティ)

マセラティは、1914年にアルフィエーリ・マセラティによって設立されたイタリアの数あるスーパーカーの中でも最も長い歴史と豊富なレース経験を持ったブランドとして有名です。

https://twitter.com/ageevt/status/853504264861237248

「トライデント」と呼ばれるイタリアのマセラティのエンブレムは「海の神であるネプチューンの持つ三又の槍」をモチーフにデザインされたものとなっており、創業者のマセラティ兄弟の中でも絵を好んでいたマリオが創業地ボローニャのネプチューン広場の銅像をもとにマセラティのシンボルとなったトライデントエンブレムを発案したと言われています。

(参考文献 世界の自動車メーカーの由来をまとめてみました!

外国自動車メーカーのエンブレムの由来(ロールスロイス)

超高級自動車メーカーのロールスロイス。エンブレムもかっこいいですが、車の先端についている女神像もとても有名ですよね。

この一見シンプルにも見えるエンブレムですが、フレデリック・H・ロイスが作った試作車の性能に感銘を受けたビジネスマンのチャールズ・S・ロールスが、二人の名前を繋いだ「ロールス・ロイス」と名付け、その頭文字でエンブレムが「RR」となっています。

また、エンブレム以上に有名であろう女神像は、「スピリット・オブ・エクスタシー」という名前で、自動車雑誌「The Car」の編集者であったジョン・ダグラス・スコット・モンタギューが自身の所有するロールスロイスに取り付けた女性のマスコットが元になっていて、それをロールスロイスが後に公式のマスコットとして採用したものであると言われています。
(参考文献 wikipedia ロールスロイス

外国自動車メーカーのエンブレムの由来(プジョー)

プジョーは1810年頃、鋼材工場として誕生したのが始まりであるフランスの自動車メーカーです。

鋼材工場であるプジョー製のノコギリ等には、品質の証として「ライオンの歯のような(刃の強さ)」 「ライオンの体躯のような(刃のしなやかさ)」「ライオンの走りのような(速い切断速度)」の3つを意味するライオンマークが付けられていました。最初の「ライオン」が彫刻師Justin Blazerの手によってできたのは1847年であり、それが1850年から様々な製品のトレードマークとして使われるようになりました。プジョーのライオンはその後、右向きになったり、頭だけになったりと何度か形を変えますが、現在のライオンは「ブルーライオン」と呼ばれ、プジョーファンに親しまれるとともに2006年8月までは日本のディーラー名としても使われていたそうです。

(参考文献 プジョー

外国自動車メーカーのエンブレムの由来(ルノー)

ルノーは数ある自動車メーカーの中でも長い歴史を持つ企業の一つとして知られています。日産を立て直すために来たカルロス=ゴーンもここの会社の社員ですね。創業は1898年、3人のルノー兄弟によって「ルノー・フレール社」という名前で設立されました。

ルノーのロゴマークは、創業メンバーのルイ(Louis)・マルセル(Marcel) ・フェルナン(Fernand)のそれぞれのイニシャルをモチーフにして作られました。その後、1925年までに、ルノーのロゴマークは4度変更されています。その後若干の変更はあったものの、1972年までおおよその形を保ったまま、ルノーのロゴマークとして使われ続けることとなります。現在のようなマスタードイエローが背景に入ったロゴマークへと移り変わっていきます。

1925年に初めて現れ、その後現在までルノーのロゴマークのベースとなっている菱型のデザインですが、どのような経緯でこのデザインが採用されたのかは、実はルノーも知らないのだといいます。当時の資料は残っておらず、誰か作ったのかもわからないのだと言います。一説によると、車のボディの前面にあった穴を塞ぐものとして菱形が採用されていたから、という話もありますが、真偽の程は定かではありません。

外国自動車メーカーのエンブレムの由来(現代)

現代(ヒュンダイ)は韓国の自動車メーカーで、日本ではあまり見る機会がありませんが、販売規模ではマツダとスバルを足したものよりも大きい企業です。

ヒュンダイ(現代)のエンブレムは、HYUNDAIの頭文字である「H」と「地球」をイメージした楕円をデザインしたもので、流れるような「H」の文字はスピード感を表現するとともに、人が握手をしている姿を表しており、世界を舞台に大きく飛躍するヒュンダイモーターのイメージを表現しているといいます。
(参考文献 エンブレムの由来

外国自動車メーカーのエンブレムの由来(テスラ・モーターズ)

最後に紹介するのは2004年に創業した、まだまだ若い会社です。電気自動車を開発している会社として有名です。最近では自動操縦の研究なども行っていますが、つい最近実験に失敗して死亡者を出してしまった、ということでも知られる会社です。

テスラ・モーターズのエンブレムは「T」に見える近未来的なものですが、イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)がtwitterで、フォロワーからの質問に対し、テスラのロゴはモーターの断面を表していると説明しました。「T」の部分はモーターのローターから突き出ている軸の一つで、Tの上にあるもう一本の線はステーター部分を表すそうです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。さまざまなエンブレムがあって見るだけでも面白かったと思います。いつもは何気なくみていた自動車のエンブレムには、実はたくさんの背景やドラマがあることをお分りいただけたでしょうか。これから車のエンブレムを見たときに、思い出していただければ幸いです。